2017年11月19日日曜日

今回は表になるほうの皮の長さ決めからですね、こんな風にスティックを中子の縁に当ててクリップで固定しまして。
 此処は短くなるとやり直しが効かないので長めにカットしてあるんですよ。

それを定規にして 線引きをします、でっ此の線に沿ってカットしますね。
ピッタ合いましたね良かった、此のヘリは貼り付ける前に一応ベルサンで綺麗に仕上げておきましょうね。
では貼り付けましょうね、ダイアボンドを塗布しましてべた付かなくなりましたら位置を見ながら貼り付けますよ。
しっかり糊付けが出来ましたら表のスタート位置を決めます、こうして千枚通し(自作で作ったものです)を使って表に抜けるように穴あけをします、此れをしませんと今針の入っている個所と合わなくなりますのでね、此処は重要なところです。
見えている穴が表側のスタートラインになりますよ。
スタートラインから初めて穴は四つ開けることになります。
 次は四つ目を 基準に縦方向を線引きしますね、此れを両側やって二本菱針で案内の穴を開けます慎重にね。
お次は裏までしっかりと穴を開けます、穴あけ用の冶具にはベンズで作りましたこんなものを入れて穴が真っすぐに開くようにしてあります。(これは穴が垂直になるように斜めに削って調整してあるんです)。
 此れが無いと裏側の抜けた穴が真っすぐにならないのですよ、此処も重要ですよ。
 
縫い始めは二重に最後も二重に?
縫い終わりは表からは二重ですが。
裏側から見ますと二重ではなく一重半なんですね。
 此処で余分はカットします。

 ロウが所々はみ出ていますが余分なものは楊枝の先などで取り除きます。
ナイフ(NYSP)を入れて見ますピッタリ収まりましたね、此の状態のナイフは前部のボルトは付けては有りません、なんでかは次回にね、では次回お楽しみに。

2017年11月12日日曜日

  前回は溝を切りましたので、縫う事にしましょうね先ずは糸を用意しまして。
  長さは縫い代の6倍でカットしますよ、この位の量になりますね。
  糸の両端にロウを擦り込みます、此れで針の穴に通し易くしますね。
  こんな感じにね。
  お次は糸全体にロウを擦り込みましょう、巣穴ではロウをバイスに咥えてやりますね。
  縫う際は指が痛いので皮手袋の親指と人差し指をカットしたものを使います。
例によって縫い始めと最後は二重に しましょうね。
一応縫えました、ポイント部は三重にして有ります。(二重には出来なくて必然的に三重になるんですよ)
内側から見たところです、縫い終わりはこんな風になっています。
  余分をカットしました。

 今回は此処までです、また次回お楽しみにね。
  FBでも一寸紹介しましたが、木曜日にこんなところでランチをしました、巣穴から歩いて5分位の所にあるカフェ ラプエと云うケーキ屋さんなんです此処は路地の奥で表通リからは全く見えないので気が付かずに居たんですけれど、ランチも有ると云うのでトコトコ行ってみたんです但しお店が開いているのは月~金曜日の平日だけなんです、でっ木曜日に行ったんですね。
  入り口は此の看板の右側に在ります。
クマさんはスペシャルランチを注文したんですメインがドイツソーセイジでボリームが結構有りまして中々良かったです、近々にまたお邪魔しようかと思っていますコーヒーだけでも飲めますのでね。

2017年11月5日日曜日

今回は中子の貼り付けから、まずはダイアボンドを接着面両側に 塗布しまして。
 乾いたら?(手で触れてベタベタしなくなったら)貼り付けますね、しっかり付くように木ハンマーで叩い馴染ませます。
  暫くはクリップで挟んで固定しておきましょうね。
  しっかり固定しましたらお次は何をするのかと?此の冶具はですね中子を裏側から縫う為の案内の線を引く為のものなんですね。
  線引きの跡が見えると思います。
線引きが済みましたら2本菱針を用意します、通常の3本菱針よりピッチが少し狭くなっているんです、オリジナルのシースのピッチがこの位なんですよ。
  でっ案内の穴をマーキングして行きます、2本針なので曲がらないように丁寧に線のセンターにマーキングをして行きますよ。
もう片側もね。
  マーキングが済んだので1本菱針で穴を開けて行きます、その前に機械のベルトをフリーにして置きましょう。
  一つずつ丁寧に穴あけをして行きます、写真では見えませんが穴が曲がらないように面が平ら(平行)になるように冶具に斜めに削ったベンズを入れて有ります。
穴が曲がりも無くすべて開きました、良かったです。
抜けた側から見たところです。
此のままですと糸が出っ張って表になる皮に当たりますのでご覧のように三角鑿で逃げ溝を掘ります。

 今回は此処までまた次回のお楽しみですごきげんよう。

2017年10月29日日曜日

  前回は中子のブレード部を線引きしましたが今回はテーパ部の基準になる個所の線引きをします、でっこんな冶具がね。
線引きをしますとこんな具合ですよ。
線引きされた長方形の内側部はおおよそ平らが残ります、外側をテーパに加工するんですよ。
 
お次は中子の外側の薄い個所の線引きをしましょう此処にもまた冶具が。
 此処までで三つ冶具が出てきましたね。
 
  必要な線引きが終了です。
縁の所はこんな具合です。
まずはブレード部をバンドソーでざっとカットしましょうね。
カット終了。
では、ベルサンで仕上げましょうね、巣穴のベルサンは写真で見ますようにアームを削り込んで中子が当たらないようにして有るんですよ。
見ての通リで中子がアームに当たらずにブレード部の仕上げが出来るんです、良いでしょう。
ブレード部の仕上げが終了しましたら中子のテーパ部をベルサンで写真のように削って仕上げましょうね、この際はプラテンを取り付けての作業になりますね。
 注意する点はテーパと云っても直線ではなくフックラ感を出すように削り仕上げましょうね。
 今回は此処までです、また次回にね。

2017年10月22日日曜日

本日は荒天にもかかわらずご来場いただき誠に有難うございました。
クマさんのテーブルです、今回は残念ながら嫁いでいくことが出来ませんでした、次回宜しくお願いいたすます。
昨日、今日と色々と差し入れやらお土産等こんな沢山誠に有難うございました、嬉しい悲鳴を上げております。